有料老人ホームの主要なタイプについて

有料老人ホームは居住空間と、食事や介護健康管理サービスなどを一体に受けることのできる生活の場を提供する施設です。

話題になっている有料老人ホームの最新情報が知りたい方にはこちらです。

いくつかの種類がありますが、ここでは代表的な介護付き有料ホームについて紹介していきましょう。
介護付き有料老人ホームは、特定施設入居者生活介護施設として指定を受けた高齢者向けの入居施設で、居住しながら施設職員による介護サービスを直接受けることができます。食事などにとどまらず、要介護状態になっても施設での生活を継続しながら介護サービスの提供を受けることができるので、終の棲家として利用を考えることの出来るのが特徴です。

入居対象者に応じて、入居時自立型、介護専用型、混合型のタイプに分かれます。
これは入居時の条件に対応したもので、介護専用型であれば、要介護認定を受けていることが入居の前提になります。

いずれにせよ、介護付き有料老人ホームにおいては、機能訓練指導員やケアマネジャーなどの介護の専門家をおくことが法定され、要介護の入居者3人に対して、1人以上の職員を配置することが介護保険法上最低限の規準とされており、手厚い介護が提供されて居る施設ほど費用は高くなる傾向があります。

気になるのが費用ですが、月額の負担総額は15万円から30万円程度の負担が必要になります。
幅があるのは介護サービスの利用の有無や介護保険対象外のサービスなどの加算が個人ごとに事情が違うからです。また、施設入居時の一時金は0円から数十万円から数千万円と施設ごとにかなり異なります。


特に入居時自立型では共用施設が充実している場合には高額になることもあります。

産経ニュース情報がさらにわかりやすくなりました。

有料老人ホームを選ぶときには、入居後の生活プランを想定して必要なサービスは何なのかを考えたうえで、経済事情との兼ね合いで、妥協点を探る必要があると言えるでしょう。