あなたがもし有料老人ホームを選ぶなら

日本は今全人口の4分の1が65歳以上の高齢者という超高齢化社会に突入しました。多くの高齢者がその老後に不安を抱えて過ごしています。

人生最後の家となるべき特別養護老人ホームも100人待ち、200人待ちという状態になっています。また介護職員が慢性的に不足しており、最近では介護職員による様々な事故も起こっています。

有料老人ホームを調べるならこのサイトです。

そのような中で、高齢者が安心して人生の最後を迎えるための施設はどのような点に着目して選べばよいのかを考えていきたいと思います。まず、老人ホームにはいくつかの種別があります。


例えば、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、グループホームなどがあります。
居住施設は主に特別養護老人ホームと有料老人ホームがありますが、この二つの違いを簡単に言えば、公立学校と私立学校だといえます。
前者は国が補助を出しているため、安価に居住する事が出来ます。
一方で有料老人ホームは、一般企業が母体となっている事が多く、居住に関して言えば割高になりますが、その分、質の良いサービスを受ける事が出来ます。

Yahoo!知恵袋に関する情報です。

また、スタッフの育成にも力を入れているところが多く、接遇マナーに関して言えば、ホテルの接遇のような印象を得る事が出来ます。

また施設によっては、一流のシェフと管理栄養士によるホテルのような食事を提供したり、外出などでは、個別に買い物やお墓参りなどに連れて行ってくれる施設もあります。
もちろんオプション料金が発生する場合もありますが、サービスとして行ってくれる施設もあります。



もしあなたが施設選びを検討しているならば、有料老人ホームはいかがでしょうか。