有料老人ホームの種類と施設を決めるときの相談先

有料老人ホームは、老人福祉法を根拠に入浴や食事、あるいは排泄など日常生活に必要な介護サービスを提供する施設です。


しかし、有料老人ホームには細かな分類があり、対象者の自立度よって入居できる施設が異なります。そこで、施設の種類とその特徴を確認してみましょう。

介護付き有料老人ホームは、介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設で、さらに一般型と外部サービス利用型に細分化されています。

様々な種類の有料老人ホームの情報はすぐに役立ちます。

一般型の施設では、介護サービスはその施設の職員が提供することになっています。

一方、外部サービス利用型では、施設の職員が利用者の安否確認や計画作成までを担い、生活に必要な援助は委託先の事業所が提供するという役割分担があります。

OKWaveについて知るならこのサイトです。

住宅型有料老人ホームは、介護が必要なかただけではなく、生活支援のかたも対象にした施設です。ここでは、食事などは提供されますが、介護スタッフによる介護サービスは提供されません。そのため介護が必要なかたや、生活支援のかたに介護が必要になった場合では、地域の訪問介護サービスなどを利用することが必要となります。


よって、要介護度が高くなると費用が膨らむ傾向にあります。

健康型有料老人ホームは、日常生活において介護の必要ない自立した高齢者のみを対象にした施設です。


食事は提供されますが、介護が必要になった時には退去しなくてはならないという決まりがあります。全国的に数は少ないですが、露天風呂やトレーニングルームなど日常生活を楽しむ設備が充実している施設が多いという特徴があります。
他にもサービス付き高齢者向け住宅などの施設もあります。



高齢者一人ひとりの自立度や、経済面などでも適した施設は異なります。
地域包括センターでは相談内容に合わせて必要なサービスにつなげるサービスを提供しているため、お困りごとがあるかたは是非相談してみましょう。