有料老人ホームの種類とは

民間事業者が運営しているのが有料老人ホームですが、3種類に分類されていています。


その大きな違いは介護サービスの提供者方法の違いで、健康型や住宅型、介護付きとなっています。

有料老人ホーム選びであなたの手助けをします。

中でも健康型はあまり見かけませんが、介護を必要としない高齢者を対象にした老人ホームになります。
元気な高齢者が充実した生活が送れるようになっています。

お手軽のGirls Channelの情報を公開しているサイトです。

食事のサービスはありますが介護サービスは対応していないので、介護が必要にはなれば退去しなくてはいけません。
住宅型とは、自宅で生活しているかのように自由に快適に生活していけることを目的として、外部の介護サービスを受けることになります。

施設スタッフもいますが、24時間常駐ではなくて介護サービスを提供することもありません。

ただ最初は介護が不要だったけど途中から介護が必要になった場合でも退去する必要もないので、安心感があります。

一番よく見掛けるのが、介護付き有料老人ホームです。
各都道府県から特定施設入居者生活介護と指定されていて、24時間体制で介護職員が常駐していて、看護師も日勤帯は常に1人はいるので安心です。



医療措置が必要だとか緊急の場合でも、看護師がいれば迅速な対応が可能です。
介護付き有料老人ホームで生活しているのは要介護認定を受けている高齢者ばかりなので、それぞれのケアマネージャーの介護サービス計画に沿って食事や排泄などの身体介護はもちろん、掃除や洗濯などの生活面でのサポートやリハビリやレクリエーションなどの娯楽も楽しめるようにと、介護職員が支援しています。