数年前に脂肪吸引をした私の体験談

私は、数年前に脂肪吸引を経験しました。

脂肪吸引をしてから、おしゃれの幅が広がるなど、様々なメリットを実感しました。

しかし、脂肪吸引をするに至るまでは、実母や夫を説明をして、納得をさせる必要もありました。
結果としては、とても満足できる脂肪吸引でしたが、その時に経験した事を体験談としてご紹介しましょう。
私が脂肪吸引をしたいと考えるようになったのは、出産後でした。


妊娠前からも、余分な脂肪は取り除きたいと切望してきましたが、時間とお金が無かった為、中々実現には至りませんでした。


そんな私がなぜ出産後に脂肪吸引をしたかというと、出産後痩せたことにあります。

私は、出産後母乳育児をしてきました。
母乳を毎日与えている為、特にダイエットをしなくても、徐々に痩せてきたのです。

特に、母乳を飲む量が増える生後三ヶ月頃から、一気に痩せ始めました。

産後は、ダイエットをしたいと考えてもみませんでした。

なぜなら、産後は育児に専念をしていたからです。

24時間子供と向き合っていて、自分の体の事を考える余裕も時間もなかったからです。
しかし、生後三ケ月を境に毎月2、3キロ痩せ始めました。


結局、産後から体重が、15キロ程度痩せて、しかも出産前より5キロも痩せてしまいました。

当然、ウエストは細くなり、履いていたジーンズもブカブカでしたが、一つ気になることが出てきました。
それは、お腹のたるみです。

二の腕や脚は、とても細くて綺麗になったのに、お腹周りの脂肪がついてしまっている状態です。

もちろんウエストは細くなっているので、全体としてはとてもスリムに見えるのですが、どうしてもスリムなだけにお腹周りのたるみが気になってしまいます。


子供を産んだ証とも言えるたるみですが、私としてはこのたるみを脂肪吸引によって解消したい気持ちでいっぱいでした。
私は実母や主人に相談をし、独身時代貯めていたお金で脂肪吸引をすることに決めました。


手術後はとてもきれいなお腹周りになり、仕上がりにとても満足しております。

けして太ってはいないのに下半身だけがなかなか細くならないという悩みを抱えている女性は大勢います。

ミニスカートやショートパンツをはいたりしたいけど、太ももを見せるのは抵抗があるという人も多いものです。

日本人は一般的に下半身に脂肪がつきやすく太めな人が多く、ダイエットしても下半身だけが太いままと言う悩みを抱えている人が数多くいます。

このように取りにくい部分の脂肪をきれいに取り去ることができるのが脂肪吸引です。


お尻や太もも、膝周りやふくらはぎなど、とりたい場所から取りたい分だけ脂肪をなくすことができます。

脂肪吸引は細い特殊な形をした管を体に差し込んで、少しづつ脂肪を吸い出す方法で行ないます。ふくらはぎを脂肪吸引するとしたら、思ったとおりのすっきりした細いふくらはぎにすることができますし、太ももも好みの太さに整えることができます。事前に麻酔をして行なうので痛みはありません。狭い範囲なら局所麻酔で行ないます。

施術方法として、まず脂肪をとる脂肪層に麻酔薬や血管収縮剤、止血剤を注入してから脂肪吸引を行ないます。
これらの薬剤を注入することで、固く結びついている脂肪層を柔らかくし脂肪を吸引しやすくします。
薬剤を脂肪層に満たすことで以前にくらべて吸引時間も短縮できるようになり、体への負担を減らすことにも役立っています。
薬剤を注入した後、足の付け根など傷が目立たない部分から脂肪を吸引するための管を入れてゆき、重なっている脂肪層から少しづつ不要な脂肪を吸引して行きます。

脂肪をとることで、お尻や太ももの裏側にできる老廃物と脂肪が結合したセルライトも消えてゆきます。

脂肪吸引する施術時間は1部位30分から60分です。


入院する必要もなく、術後の通院も1日で終わります。


脂肪吸引は施術する医師によって、吸引後の肌のなめらかさや形が変わってきます。
事前のカウンセリングで充分話し合って、自分の希望を伝えておくことが重要です。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/269590.html
http://m3q.jp/t/1775
http://jp.reuters.com/article/idjpjapan-12892020091211





口コミ評判の高いレーザー脱毛の口コミ情報はすぐに役立ちます。

東京の発毛の評判情報を厳選して紹介します。

ダイエットクリニックの新宿なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。